オンラインクレーンゲーム

コロナウイルス関連倒産 エターナルアミューズメントの倒産について

みなさんこんにちは〜おれここあな、ココアオレです(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡

今回は、ゲームセンターのキラキラAsoboxアソボックスなどの会社

エターナルアミューズメント破産】という内容が本日発表されました。

エターナルアミューズメントというと・・・

オンラインクレーンゲームでは、以前Asoboxから名前変わって

クレーンゲームドットジェーピー】といわれる会社になっております。

詳しくはこちら!

 

エターナルアミューズメントの倒産について

ニュースとして取り上げられているのは、今回のエターナルアミューズメントの倒産に関して、東京都内初新型コロナウイルス関連倒産となったとのことです。

エターナルアミューズメントはアミューズメント事業を中心とした運営をされており、キラキラAsoboxといわれる実店舗のゲームセンターやアニメ雑貨販売店のAniboxを全国約100店舗ほど出店するほか、クレーンゲーム機のレンタルや販売、プライズ品にまつわるものまでを運営されていました。

ですが、2019年10月の消費税増税により、実店舗の売り上げ、各施設へのレンタルの売り上げが減少し、さらに業容拡大による資金不足に見舞われ返済が難しくなったそう。

さらに追い打ちをかけるかの如く、コロナウイルスの影響で店舗への売り上げの減少、休業となり今回の倒産という決断に至ったそうです。

この内容をまとめさせてもらましたが、

一概にコロナウイルスが悪いわけではない

かと思います。

他の方々も言われている通り、コロナウイルスの件で追い打ちをかけられたようなものかと思われます。

コロナウイルスだけが原因でない理由

ゲームセンターのUFOキャッチャーを運営するに対して、

消費税が2%(10%)上がることに関して、

プレイ料金は内税(税金はプレイ料金に含まれる)で100円~で最近は100円が主流なので上げることは難しい(上げても稼働率の低下につながる)

一方で、UFOキャッチャーの個体(機械)、景品単価は関係なく上昇してしまうので売り上げが減ってしまいます。

これ以外にも、社員を雇う人件費や送料、メンテナンス費、諸々の雑費も増えると考えると、コロナウイルスが問題になる前から倒産になるのは時間の問題だったかもしれません。

f:id:cocoaorei:20200311213843j:plain

アミューズメント業界もなにか策を打たねばこのような順路をたどってしまうかもしれません。

ニュースとして取り上げられているのは、今回のエターナルアミューズメントの倒産に関して、東京都内初の新型コロナウイルス関連倒産となったとのことです。

そんな感じで、実店舗は休業をしなくてはならないところが多く、売り上げの影響が出てしまう可能性もありますが、

初心者にもお勧めしたい。無課金、微課金、課金の3つのジャンル分けで始めやすい、ネットでできるクレーンゲームの紹介はこちら。オンラインクレーンゲーム特有の毎日のログインボーナスもあるので無料で取ることも可能です。

 

オンラインクレーンゲームをさらに知りたい方必見!2020年最新のオンラインクレーンゲームサイト全社比較!ここであなた好みのオンラインクレーンゲーム(通称:オンクレ)がきっと見つかるはず⁉

そんな感じで、閲覧いただき、ありがとうございました。

新型コロナウイルスの影響であっても、なくても、これ以上オンラインクレーンゲームという一つの娯楽はできるだけサービス終了してほしくはないものですね。