お得情報

コロナの知識をまとめ コロナウイルスの問題集 脳トレや知識を得るためにもこちらを見るべき

みなさんこんにちは〜おれここあな、ココアオレです(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡

 

今回はコロナウイルスが流行っている今、これ以上感染拡大を防ぐためにも、コロナウイルスについて理解していく必要があります。

そこで、今回、私が、ニュースで報道されている内容や厚生労働省の内容からコロナウイルスのクイズを考えてみました。

 全部で10問!あなたはコロナウイルスのことをどれくらい知っていますか?

f:id:cocoaorei:20200411133109j:image

 

 

コロナウイルスの問題集

知っていて損はしないのでコロナウイルスの脳トレと思ってやってみましょう!

問題後に解説も交えていますので、高齢者の頭の体操(脳トレ:コロトレ)としても役立ててもらえるかと思います(*’ω’*)

※簡単なものから、比較的難しいものまでそろえてあります。

 

 

 それではレッツコロトレ!

※コロトレとはコロナトレーニングの略

 

 

Q1.コロナウイルスはどこから?何が原因?

コロナウイルスはどこの国で発生して、何が原因でコロナウイルスが感染したのでしょうか?

 

 

ヒント:日本はいろんな商品をこの国から輸出して販売しています。

    メイドイン〇〇〇〇

 

 

答え

 

国名:中国(CHINA) 武漢市(ぶかんし)

 

原因:ねずみ、ヘビ、コウモリを食べたことから人から人へ感染が見られるコロナウイルスが発生したとされています。

 

解説

中国の湖北省(こほくしょう)の武漢市にてコロナウイルスが一番最初に見つかったのですが、それが2019年12月とのことです。

 

ねずみ、ヘビ、コウモリを食べる理由:栄養価が高く、滋養強壮にも良いため、食文化としてこの動物を食べるといわれています。また、市場でも野生の動物が販売されるなど、日常茶飯事であることが分かります。

どの動物が原因で人へ感染したかはまだ不明なところですが、おそらくこの3つの動物が濃厚と考えられています。

通常、動物から人への感染はありません。

 

 

Q2.コロナの主症状は?

 

ヒント:風邪症状に近いものが多いです。

 

 

 

答え:発熱、せき、呼吸器症状、倦怠感(体のだるさ)  

   これ以外にも、味覚障害、嗅覚障害などが当てはまります。

 

解説:ほぼ風邪と似たような症状が多いのですが、呼吸器系だったり、風邪では起きにくいものがあります。味覚障害などでは、コーヒーの味が水のように感じるというなんとも通常では考えにくい症状も出る場合があるそう。

 

 

Q3.潜伏期間はどれくらい?

 

 

 

 

答え:1~14日間

 

解説:WHOの知見によると、1~14日間(一般的に、約5日間)とされているそう。

 

 

 

 

Q4.感染する原因は?

コロナウイルスはどのように感染する、感染しやすいのでしょうか?

 

 

 

ヒント:インフルエンザで考えれば非常にわかりやすいかと思います。

 

 

 

答え:一般的には飛沫感染、接触感染で感染します。

 

解説

閉鎖した空間で、近距離で多くの人と会話するなどの環境では、咳やくしゃみなどの症状がなくても感染を拡大させるリスクがあるとされています。
 
飛沫感染: 感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。

接触感染: 感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

 

 

 

Q5.重症化するリスクについて

コロナウイルスに感染した際に重症化してしまう割合はどのくらいでしょうか?

 

 

 

ヒント:全員コロナウイルスにかかれば全員この症状が出るとは限りません。

 

 

 

 

答え:14%が重症、6%が重篤

※約80%は軽症状、無症状の方になります。

 

解説

罹患しても約8割の方は軽症で経過し、治癒する例も多いことが報告されています。

一方、重症度は、季節性インフルエンザと比べて死亡リスクが高いことが報告されています。特に、高齢者や基礎疾患のある方では重症化するリスクが高いことも報告されています。

重症化する患者さんは、普段の風邪症状が出てから、約5~7日程度で症状が急速に悪化し、肺炎に至る傾向が高いそうです。

 

 

 

Q6.コロナウイルスの治療法は?

 

ヒント:まだコロナウイルスが感染確認されてから日数がすくないためこれといった治療法は発明されていません。(根拠に基づく治療も含む)

 

 

 

答え:対症療法

 

解説:コロナウイルスに有効、特効な治療法はなく、その症状に合わせた対症療法になります。

対症療法の例としては、熱や咳などの緩和するための解熱剤や鎮咳を投与したり、点滴等を行っています。

このほかにも、肺炎になることから、肺炎治療による酸素投与や人工呼吸器を行うこともしていきます。

 

 

 

 

Q7.コロナウイルスは治癒することもあるの?

 

 

ヒント:「完治する場合がある」、「しない。」のどちらか2択になります。

 

 

 

答え:完治する場合があります。

 

解説:現在コロナウイルスに効く治療薬は確立されておりませんが、対症療法を行う中で、コロナウイルスに対する抗体(ウイルスを倒すための身体的な防御機能)が作られ、ウイルスが排除され、治癒(完治)する場合もあると考えられています。

 

 

 

Q8.コロナにかからないための予防方法は?

 

 

ヒント:答えはたくさんあります。どのようにすれば病気にかかりにくいか考えたり、皆で話し合うとわかりやすいかもしれません。

 

 

 

答え:手洗いうがい、不要不急の外出を避ける。外出する場合はマスクをつける。運動を行う。生活のリズムを整え、免疫力をあげる。などなど・・・。

 

解説:具体例を挙げていきます。

 

室内でも運動を

・家の中や庭などでできる運動(ラジオ体操、自治体のオリジナル体操、スクワットなど)を行う。
・家事(庭いじりや片付け、立位を保持した調理など)や農作業などで身体を動かす。
・座っている時間を減らし、足踏みをするなど身体を動かす。

 

食生活・口腔ケア、適度な睡眠をしっかりと

低栄養を予防し、免疫力を低下させないために、しっかり栄養をとることやお口の健康を保つことが大切です。・3食欠かさずバランスよく食べて、規則正しい生活を心がける。
・毎食後、寝る前に歯磨きをする。
・しっかり噛んで食べる、一人で歌の練習をする、早口言葉を言うなど、お口周りの筋肉を保つ。

・適度な睡眠(7時間が短すぎず、長すぎず健康によい時間といわれています)をとる

 寝不足ですと、免疫力を低下させてしまい、ウイルスへの抵抗力が弱くなることから感染しやすくなります。

 

 

Q9.コロナウイルスの予防策に関する、三密とはなにか?

 

ヒント:3つの密 漢字読んだ通りなので・・・。

     〇密  〇密  〇密

逆にどのような状態でコロナにかかりやすいか、考えると3つのいけない密がわかります。

 

 

 

答え

・密閉(換気の悪い 密閉空間)

・密集(多数が集まる 密集空間)

・密接(まじかで会話や発生する 密接場面)

f:id:cocoaorei:20200411194333j:image

 

 

ということになります。

 

解説:この3つの条件がそろう場所には身を置き、そして、同じ場所に感染者がいた場合に、集団感染が発生するリスクが高いという風に言われています。

 

 

Q10.コロナウイルスの疑いがある場合はどうする?疑いがあるときはどうすればよい?

 

 

ヒント:Q2の症状を振り返ればわかる?疑いの場合すぐに病院は間違い!

 

 

 

答え:発熱などの風邪症状がある場合は仕事や学校を休むことや外出は控えてください。また、コロナウイルスの感染の疑いがある場合は一度保健所にて電話での対応を行い、受診するべきか、自宅で待機するべきかの内容が分かります。

 

解説

電話で相談する条件について

1風邪の症状や37.5度以上の熱が4日間以上続く

2強いだるさや息苦しさがある。

 

そのほかに、重症化しやすい、高齢者や基礎疾患のある方に加え、妊婦さんはこうした状態が2日間程度続く場合に相談をしましょう。

 

軽症状のまますぐに病院に行くことで、コロナウイルスに感染していなかった場合、コロナウイルスに感染する可能性が上がってしまうので、状態を見ながらの対応になるかと思います。

 

わからない場合は保健所へ電話をしましょう。

 

 

 

という感じで、コロナウイルスにまつわる10問のクイズを考えてみました。

あくまで現段階の情報ですので、新たな情報や変更点につきましてはニュースや厚生労働省のホームページをご覧いただいた方が正確だと思われます。

 

厚生労働省HP:コロナウイルスのこういう時はどうすればよいの?Q&Aになります。

新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)|厚生労働省

 

 

脳トレ用にコロナウイルスの基礎知識や症状、予防などを書いてきましたが、今回の内容の評判が良ければ、社会的な時事のものも作っていこうと考えております。

 

 

日々コロナウイルスのことで、ニュースで出されていますが、他人事とは思わずに、しっかり情報を取り入れていきましょう。

 

 

そんな感じで、最後まで閲覧くださりありがとうございました。

 

このほかにも、娯楽の紹介として、コロナウイルスでも24時間365日開店しているネットでできるオンラインクレーンゲームも紹介しております。

よろしければこちらの記事もお読みください♪

 

www.cocoaorei.work

 

辛い時こそ、家でも遊んで、獲得した景品でお家で過ごしてもらいたい。